株式会社エニックス お問合せ/TEL042-777-0010
会社案内 施設案内 環境取組 料金・お問合せ HOME
サイトマップ
 HOME > 施設案内
施設案内
 
|
|
|
|
 
 
適切な温度管理と安定処理を実現す焼却炉を導入。

 

 

極めて毒性の強いダイオキシン類。環境や人体への影響が心配されています。

プラスチックの燃焼過程などで発生するダイオキシン類。「人類が作った史上最悪の毒薬」といわれる極めて強い毒性を持ち、また、分解されにくいため、自然環境に大きな影響を与える怖れがあります。
特に人体に蓄積すると、発ガン性、免疫毒性などをもたらす恐ろしい物質。1960年代のベトナム戦争で、枯れ葉剤として用いられ、奇形児などを誘発したのもこのダイオキシン類の一種です。

 
全景
エニックス全景
看板
   
 
高温処理でダイオキシン類の発生を抑制。
その後の再合成を防ぐ急冷却システム。


エニックスでは、ダイオキシン類の発生を防ぐ最新システムの焼却炉を導入しています。まず、廃棄物を800℃以上に高温焼却することでダイオキシン類の発生を抑制。その後、200℃以下に急冷却することにより、ダイオキシン類が最も発生しやすい、300〜400℃の温度を回避し、再合成を防いでいます。
 
 
 
 
適切な温度管理と安定処理を実現す焼却炉を導入。

 
 

1

バグフィルター
ばいじんの発生を大幅に抑えることができます。

2

サイクロン
遠心分離の法則で、比較的大きなばいじんを除去し、バグフィルターの負荷を抑制します。

3

温度センサー
温度センサーにより、炉内温度の把握ができるため、つねに適切な温度管理を実現できます。

4

逐次投入型ごみ供給装置
この装置のおかげで、外気と遮断された炉内構造となり、つねに安定した燃焼状態を維持できます。

5

レーザー光線による計測
炉内の焼却物の量を適量に保てるため、過剰投入を防ぐことができます。
   
 
2019年5月23日更新
 
〒252-0325 神奈川県相模原市南区新磯野251番地
TEL:042-777-0010 FAX:042-777-2475
E-Mail: info@anyx-env.co.jp
All Rights Reserved, Copyright(C) ANYX CO., LTD.